記事一覧

誰にもその形の由来はわからない…笹井屋「なが餅」

13/04/27

「日本全国ご当地スーパー掘り出しの逸品」の出版後、知り合いからの頂き物に「地元の名物」的ものが多くなってきました。

食べてみると、なるほど地元自慢の味なのですが、スーパーマーケットで買った物ではないので本に掲載することは難しい・・・。
そこで郷土愛の詰まった地元民自慢の名物を、このブログに少しずつ載せている次第です。

さて、今日の逸品はこちら!
三重県四日市市出身・矢田さんご夫妻よりいただいた、郷土の誇り
「笹井屋」さんの「なが餅」
餅はやわらかく、餡はさっぱり、焼きめが香ばしく、いくらでも食べられる! いや、やわらかくて長いので、飲める!?!※よい子はよく噛んでね。(実際、私は一度に5本も食べちゃった!)
IMG_3802_convert_20130427182238.jpg

ひと言でいえば「餡入り焼き餅」だけど、そのルックスが個性的。
長さ約13cm、幅約3cm、厚み約5mmという超細身、スキニータイプです。
「焼大福は知っているけど、こんな細長形は初めて」というかたが多いかもしれませんが、じつは三重県の四日市や桑名あたりではポピュラーなスタイル。
たぶん、三重県の小学生は誰もが一度はなが餅の端を口にくわえて「べろ」って笑ったはず。
そう、三重県民にとってはそういう意味でも舌が忘れられない味なんです。

中でもこの笹井屋さんは、創業は463年前という歴史あるお餅屋さん。
今でこそ工場を構え、地元自慢のお菓子を全国にも発送しているのだけど、「少し前までは街道沿いの古い店で、なが餅を一つ一つ焼きながら売っている、小さな餅屋でした」と言うのは社長の笹井利浩さん。
ただし、あまりに昔のこと過ぎて「なぜ、この形に?」という由来はよくわからないとのこと。一説では、丸い餅よりもこのほうが懐に入れやすく、旅の携帯に便利だったからではないかと考えられているそうです。

ところで、長〜いから「なが餅」と思いますよね?
でも本当は、お店を開いた日永という地名にちなんで「永餅」と名づけたんだそう。「長餅」ではないんですね。
そういうことが、包みの中のしおりに書いてあります。
さらに、「硬くなったら焙って」とも。
だけど、だけど、あっという間に食べ進んでしまったので、硬くするチャンスがございませんっ! がっかり。

ずっと東京にいたら知ることがてきなかったかもしれない、三重のお餅。
いや、正直なところ三重県の餅といったら「赤福」が有名すぎて、この「なが餅」の美味しさが目立ちにくいということがあるかも。
「赤福」みたいに名古屋駅でも売っていただけないかしら。※2015年9月の情報を追加します。名古屋駅で買えます。
あ、まずは四日市の本店に焼きたてを食べに行こうかと。そして、もちろん四日市のスーパーも探訪しますよ!

IMG_3789_convert_20130427182202.jpg
いただいたのは竹皮包装紙に包まれた7本入りでしたが、贈答用の箱入りなど、いろいろあります!
笹井屋
住所:三重県四日市市北町5-13
TEL:059-351-8800
http://www.nagamochi.co.jp/menu.htm
関連記事

コメント

No title

こんばんは~
なが餅より赤福よりおいしい御餅おしらせしたくて
三重県のへんば餅
個人的には、1番です!!
一度お試しください☆

minaoさまへ

お薦め情報をどうもありがとうございます!!
伊勢の「へんば餅」ですね!
200年以上もお伊勢参りの旅人を癒し続けてきた餡入りの焼き餅ということで、もうずっと私の「食べたいリスト」に名前があがっているんです。
でも、本店は昔の街道沿いなので、伊勢神宮の最寄り駅や高速道路のI.C.などから少し離れているんですよね。だから、行きたくてもなかなか行けない…。
でも、このminaoさんの「個人的には1番!」というお薦めをいただき、調べてみたら、現在は伊勢神宮内宮そばのおはらい町にもお店がありました!!
今度、絶対に食べますね! そしてこのページで報告もします! 情報のご提供に感謝です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパーマーケット研究家・菅原佳己

Author:スーパーマーケット研究家・菅原佳己
(すがわら よしみ)

'65年東京生まれ、名古屋在住。一女の母。
幼少のころから地元スーパーで買い物し、小5のときにはフケ顔とこなれた買い方で店員から「奥さん」と呼ばれる。学生時代は写真を学び、卒業後は「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」「ねるとん紅鯨団」などの放送作家を経て、結婚。主婦となりサラリーマンの夫の転勤で国内外の転居を繰り返す中、スーパーの研究を始める。途中、女性誌編集部で働きながら出産、子育てに奮闘。2008年に夫の転勤で再び名古屋へ転居し専業主婦に。この時のあり余るエネルギーと時間を秘蔵コレクションであるご当地おかずの整理、執筆にあて、2012年「日本全国ご当地スーパー掘り出しの逸品」(講談社)を出版。以後、ご当地スーパーブームの火付け役として、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞等のメディアへの出演・掲載も多数。2014年7月、続編となる新刊「日本全国ご当地スーパー 隠れた絶品、見〜つけた!」を上梓。






仕事のご依頼は下記メールまでお願いいたします。
japan_4_seasons@yahoo.co.jp



[現在の活動]
朝日新聞「+C」(東海日曜版)にて「発掘 ご当地食」連載中
●雑誌「LDK」(晋遊舎)にて「ご当地スーパー探検隊」連載中
中日新聞プラス「日本全国ご当地スーパー探訪記」連載中
『レタスクラブニュース連載開始

〈イベント情報〉


[主な出演・掲載]
●TBS「マツコの知らない世界」
●テレビ朝日「SmaSTATION!!」
●TBS「あさチャン!」
●中京テレビ「キャッチ!」
●東海テレビ「スイッチ!」
など




著書新刊です



著書です




雑誌「LDK」好評連載中です



私の名前もちょっと登場してます
大竹俊之さん著/「なごやじまん」



雑誌「CHANTO」8月号にて ご当地な時短メニューをご提案



文芸誌『群像』にて「私のベスト3」発表中



特集『自由に生き、楽しく働き。』
「好きが仕事になる人、趣味で終わる人」というテーマで、主婦からスーパーマーケット研究家になった経緯などのインタビュー記事



今号に寄稿してます!



〜夏休みの旅行や出張にも使える!〜
47都道府県よしもと〝住みます芸人〟present
意外と知られていないけど
『絶対に喜ばれる 手みやげ全国47選』



連載あり



全国のご当地スーパー食品掲載多数




ご当地スーパー東海エリアの保存版!








これからの出演、掲載等はこちら!
   ↓
9月3日(日)「車あるんですけど・・・?」(テレビ東京18:00〜)


〈イベント情報〉

朝日新聞「+C」(東海日曜版)にて「発掘 ご当地食」連載中連載中


●毎月28日発売 雑誌「LDK」(晋遊舎)にて「ご当地スーパー探検隊」を連載中

中日新聞プラス「日本全国ご当地スーパー探訪記」連載開始

『レタスクラブニュース連載開始


最新トラックバック