FC2ブログ

記事一覧

イベント報告 「東海ご当地スーパー 珠玉の日常食」発売記念トーク&サイン会

2019年1月19日

イベント報告とお礼です。

正文館書店本店にて開催された「東海ご当地スーパー 珠玉の日常食」発売記念トーク&サイン会にお越しいただいたみなさま、本当にありがとうございました。

IMG_1045_convert_20190124095654.jpg IMG_1047_convert_20190124181445.jpg
正文館書店本店と売り場の様子 

イベントでは、本で書けなかった裏話など中心にトーク。

50286226_2118426634920764_7334718906411515904_o_convert_20190124095717.jpg

また、本に掲載されているご当地食から4点を試食、1点をお土産にさせていただき、食べながらその食品の話を聴いていただきました。
「聴いてから食べる」と、知識も美味しさの一つとなって格別だと思うんです。


【お土産とおやつの紹介】全て税別価格

1. あげづけ 160円(P68掲載)※お持ち帰りいただきました
古川屋
岐阜県高山市

IMG_7040_convert_20190124100438.jpg

元々、高山は豊富な湧き水のお陰で、美味しい豆腐の名産地。こも(わら)で巻いてお湯で「す」が入るまで茹でたという「こも豆腐」の煮物など、独特な豆腐料理が郷土の味です。 
あげづけメーカーの古川屋も、多くの豆腐を製造販売する歴史ある会社。高山で、「陣屋とうふ」のブランド名は超有名。あまりに豆腐が有名すぎて、地元民だけが知る隠れた名品であったのが、この「あげづけ」でした。
 飛騨地方の油揚げらしい三角形で、香ばしい醤油味が特徴。派手さはないけれど「毎日食べても飽きない」この味は、社長の古川文夫さんが35年前ほどに、下呂の油揚げを漬物のように味を染み込ませる保存食から着想し、考案。醤油のキリリとした味で、地元食として定着し、高山の食卓に欠かせない存在になりました。

 そのまま食べても美味しいですが、やはり一度熱したフライパンやトースターで表面をさっと炙って食べると、揚げたての香ばしさが蘇り何倍も美味しいので、お持ち帰りいただきました。


2. 糀ぷりん 300円(P112掲載)
糀屋 
三重県伊勢市

メイン2のコピー_convert_20190124100631

 伊勢神宮の外宮前で創業200年の味噌醤油醸造の老舗「糀屋」がつくるプリンです。
三重県の名産品、貝のしぐれ煮や伊勢うどんのたれに欠かせない「たまり醤油」は、糀屋の看板商品のひとつ。
一般的な醤油より大豆の割合が多く、塩分は低めで、旨味成分のアミノ酸が豊富。プリンにコクと旨味をプラスしています。カラメルではなく、プリン生地にたまり醤油がプラスされているのですが、醤油っぽさはゼロです。
  
 また「糀屋」という屋号でもわかるように、糀は醸造の要。三重県産のコシヒカリを使用した糀と地元名水で仕込んだ自慢の「甘糀」は体に優しい発酵食品で、「糀ぷりん」に独特な甘さと深みを与えています。

試食ではその姿の可愛らしさから、女性を中心に歓喜の声。
食べてまた「美味しい!」の声、声、声。
「世の中の全てのプリンに糀とたまり醤油を入れて欲しい」
そんな会場の雰囲気でした。
ぜひ、お伊勢参りの折に本店にお立ち寄り、または、お取り寄せください!おすすめです。


3. 活命茶 133円(P33、49掲載)
キスラ(中北薬品)
名古屋市西区

IMG_1259_convert_20190124100159.jpg

東海地方ではおなじみのあのCMソング「♫これがなくっ茶 これがなくっ茶」
歌の最後、“やっぱり○○ ○○ ○○!活命茶〜♫”の○○の部分はなんと歌っているのかわかりますか?
あれ?「ひー、ふー、みー?」全然わかりません。
答えは意表をつく英語「We do need!」(超必要の意)。

この歌は中北薬品株式会社創業270周年記念に作られもの。(現在創業292年!)
このイベント前日、お茶をご自身で運んで来てくださった中北薬品の関連販売会社「キスラ」の営業部長・畳谷良宏さんが作詞者。

イベント後のアンケートで印象的だった感想。「父が医者だったので子どもの頃、家には缶の活命茶がありました。当時を思い出してとても懐かしかった」というもの。
そうなんです。以前は、薬局など医療関連での流通が主流だったため、この参加者の方の家のような事情がないとなかなか入手困難でした。烏龍茶、ハブ茶、ほうじ茶、はと麦茶、ナツメ、柿の葉、ジャスミン、昆布の8種の健康素材のブレンド茶。お医者様認める味です!

昭和62年に発売の静かなロングセラー品で津島天王祭バージョンは、ヨシヅヤさんで買えます。


4. しるこサンド(P42掲載)
松永製菓
愛知県小牧市

しるこ_convert_20190124100528

しるこサンドとは?
ビスケットに“しるこ”をはさんだ大発明。昭和41年の誕生以来、50年以上ずっと愛され続けています。牛乳との相性がいいだけでなく、同社のHPでは「チーズやキムチをのせて」という意外な組み合わせも提案。じつは飛騨では「天ぷら」にするのがおもてなし料理の一つ。
そんな東海地方では当たり前のしるこサンド、そのラインナップがたくさんあることは感じてましたが、どれだけあって、何が違うの?と思っていました。今回、松永製菓さんのご協力により、本誌にて全てご紹介しています。

そして、同時に名古屋の食と文化に詳しい大竹さんにも、名古屋のお菓子や駄菓子について、教えていただきました!

イベントでは、撮影に使った商品をメーカーさんに了解を得て、じゃんけん大会で分配。
メガしるこサンドが1位。最下位は、小さなしるこサンド、1個。だいぶ違いがありますが、それだけに盛り上がりました。(じゃんけん大会を仕切ったことがないことを、じゃんけん大会をし始めてから気づく失態。温かく見守っていただきありがとうございました)


5. ミックスゼリー 1,000円(P13掲載)
鈴木製菓 
愛知県田原市

IMG_9853_convert_20190124100511_20190124181730515.jpg
寒天ゼリーは大正の初め、愛知県(旧)渥美郡田原村の鈴木菊次郎によって発明されました。(鈴木製菓HPより)

正文館書店を始め、試食品のご提供を快諾いただいた食品メーカーぴあ編集部のみなさまには、この場をお借りいたしまして御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

さて、ここからは人物紹介。

IMG_1246_convert_20190124100133.jpg
本誌で名古屋の食文化について教えていただいたページと、対談でご登場いただいた、フリーライターの大竹敏之さん。
イベントにも駆けつけてくださいました。
少しお話しもいただき、ありがとうございました。

IMG_1239_convert_20190124100025.jpg
表紙のイラストを描いてくださった、吉野維豆已さん!
この表紙のショッピングバック欲しいな。
そのくらい可愛いイラストをありがとうございました!!

super_h1_300kb_convert_20181213072012.jpg

というわけで引き続き「東海ご当地スーパー 珠玉の日常食」をよろしくお願いいたします。

サイン
公式HP「ご当地スーパー オンライン 日本全国スーパーマーケット研究所」
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパーマーケット研究家・菅原佳己

Author:スーパーマーケット研究家・菅原佳己
(すがわら よしみ)

オフィシャルHP『スーパーマーケット研究所 ご当地スーパー オンライン』

'65年東京生まれ、名古屋在住。一女の母。
幼少のころから地元スーパーで買い物し、小5のときにはフケ顔とこなれた買い方で店員から「奥さん」と呼ばれる。学生時代は写真を学び、卒業後は「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」「ねるとん紅鯨団」などの放送作家を経て、結婚。主婦となりサラリーマンの夫の転勤で国内外の転居を繰り返す中、スーパーの研究を始める。途中、女性誌編集部で働きながら出産、子育てに奮闘。2008年に夫の転勤で再び名古屋へ転居し専業主婦に。この時のあり余るエネルギーと時間を秘蔵コレクションであるご当地おかずの整理、執筆にあて、2012年「日本全国ご当地スーパー掘り出しの逸品」(講談社)を出版。以後、ご当地スーパーブームの火付け役として、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞等のメディアへの出演・掲載も多数。2014年7月、続編となる新刊「日本全国ご当地スーパー 隠れた絶品、見〜つけた!」を上梓。

出演したテレビ番組「マツコの知ら ない世界」(TBS)で紹介した岐阜県高山市の隠れた日常食「あげづけ」が大ブ レーク。現在は、テレビコメンテーターのほか新聞や雑誌の連載、講演活動を こなしつつ、子育ての隙をみて、自腹で全国のご当地スーパーを行脚。埋もれ た日常食の発掘とその魅力を伝えている。



お問い合わせや仕事のご相談ご依頼は下記フォームより、お気軽にどうぞ。
contact@gotouchisuper.online


[連載中]
朝日新聞「+C」(東海日曜版)にて「発掘 ご当地食」連載中

●雑誌「LDK」(晋遊舎)にて「ご当地スーパー探検隊」連載中

中日新聞プラス「日本全国ご当地スーパー探訪記」連載中

『レタスクラブニュース執筆中

『タベサキvol.2 〜ご当地で見つけた!イツモノ〜』連載開始



[その他の活動・テレビ出演・イベント情報など]
オフィシャルHP『スーパーマーケット研究所 ご当地スーパー オンライン』

朝日新聞「+C」(東海日曜版)にて「発掘 ご当地食」連載中

●雑誌「LDK」(晋遊舎)にて「ご当地スーパー探検隊」連載中

●『ス ーパーマーケットトレードショー2017』「スーパーマーケットで買いた い!フード 30 選」特別審査員

●「第12回 日本食育コミュニケーション協会 全国大会」審査員

●名鉄カルチャスクール『ご当地スーパーで知るローカル食品の魅力』講座講師

">「ナビスコリッツ」全国キャンペーン「日本を乗せてみよー!」協力


朝日新聞「+C」(東海日曜版)にて「発掘 ご当地食」連載中









著書新刊です



著書です




雑誌「LDK」好評連載中です



名古屋高級スーパー「ベストバイ」商品



私の名前もちょっと登場してます
大竹俊之さん著/「なごやじまん」



雑誌「CHANTO」8月号にて ご当地な時短メニューをご提案



文芸誌『群像』にて「私のベスト3」発表中



特集『自由に生き、楽しく働き。』
「好きが仕事になる人、趣味で終わる人」というテーマで、主婦からスーパーマーケット研究家になった経緯などのインタビュー記事



今号に寄稿してます!



〜夏休みの旅行や出張にも使える!〜
47都道府県よしもと〝住みます芸人〟present
意外と知られていないけど
『絶対に喜ばれる 手みやげ全国47選』



連載あり



全国のご当地スーパー食品掲載多数




ご当地スーパー東海エリアの保存版!








これからの出演、掲載等はこちら!
   ↓
12月22日(金):日テレ「スッキリ!!」9時5分~9時30分ごろ。
12月23日(土):仙台放送「ススメ!しばり旅」「12時53分~13時48分。

〈イベント情報〉

〈連載中!〉

朝日新聞「+C」(東海日曜版)にて「発掘 ご当地食」連載中連載中

●毎月28日発売 雑誌「LDK」(晋遊舎)にて「ご当地スーパー探検隊」を連載中

中日新聞プラス「日本全国ご当地スーパー探訪記」連載開始

『レタスクラブニュース連載開始


最新トラックバック

カテゴリ