記事一覧

和歌山県民の「グリーンコーナー」への思いは……      愛知の「スガキヤ」LOVEに似ている

14/10/01

今朝の読売テレビの「朝生ワイド す・またん」でご紹介した、奈良と和歌山のご当地食品をさらに詳しくお伝えします。

和歌山のスーパーで紹介したのは以下の3つ。
●てんかけラーメン 1食入 ¥238(税別)/玉林園
●グリーンソフト ¥150(税別)/玉林園
●うつぼ揚煮 45g ¥338(税別)/桝悦商店



IMG_9412_convert_20141020143815.jpg
●てんかけラーメン 1食入 ¥238(税別)/玉林園
この玉林園のオリジナルラーメン「てんかけラーメン」は和歌山ソウルフード。
玉林園が経営するお店「グリーンコーナー」の人気No.1ラーメンです。
ところで、「てんかけ」って何?
じつは天かすをトッピングしたラーメンなんです。
具のワカメと生姜も入っているので、「グリーンコーナー」と同じ味を家でも楽しめます。
IMG_9474_convert_20141020143900.jpg

具からも想像できるよう、ラーメンというより関西のおダシのきいた「うどん」に近い感覚で、スープも全部飲み干せるほどあっさり、すっきり。
これは、またすぐ食べたくなる味。

「てんかけラーメン」はラーメンの姿をしたうどんかもしれません。
IMG_9476_convert_20141020144558.jpg

●グリーンソフト ¥150(税別)/玉林園
あひるのキャラクター「グリンちゃん」が目をひく、グリーンソフト。
袋の中ではソフトクリームが大事そうに薄紙に包まれています。
さらに薄紙をはいで出現するのは、モナカ生地でできたカバーをかぶったソフトクリーム。
そのレトロな姿、今では珍しいでしょうが、昭和40年生まれの私には「いつか見た気がする」アイスの形状です。
モナカごとガブリと食べてもいいし、少し溶けるまで待って、ひねるようにモナカカバーを外して別に食べてもいい。
味は、非常にさっぱりとした仕上がりで、ハーゲ○ダッツの濃厚抹茶アイスに比べると、薄めに感じるかも。
でも、これがいいんです。
グリーンコーナーでてんかけラーメンを食べた後には、このさっぱり感がピッタリ。
コレじゃなきゃダメなんです。
スーパーで売っているグリーンソフトは少し固めなので、チャンスがあれば本場和歌山の「グリーンコーナー」にて、ソフトタイプを食べてみたいと思っています。
IMG_9836_convert_20141020143657.jpg

IMG_9842_convert_20141020143736.jpg

【玉林園】
玉林園は江戸時代より続く、お茶の販売会社。
昭和37年、抹茶入りソフトクリームを世界で初めて開発し、グリーンコーナーオープンする。
昭和42年には、中華そばだけだったメニューに新しいものを、ということで開発された「てんかけラーメン」誕生。ラーメン好きな先代がうどんを食べながら「うどんのだしのように飲み干せるラーメンスープを作りたい」と時間と情熱をかけて完成!
和歌山市内を中心としたスーパー・コンビニで扱いがありますので、旅の途中でぜひ探してみてください。
グリーンコーナーは和歌山県内に8店舗です。

ラーメンとソフトクリーム。しかも学生が学校帰りに食べられる価格。そして、県民みんなの心のよりどころ。……これって、愛知県の「スガキヤ」と同じ!
お店でも、お家でもってところもです。
(ただし、スガキヤは中部地方を中心に約370店舗と規模が大きい)
だから、グリーンコーナーLOVEな気持ちをよ〜く理解できます、名古屋在住の私には。


●うつぼ揚煮 45g ¥338(税別)/桝悦商店
海のギャングと呼ばれるうつぼ。
日本の温かい海全域に生息しているうつぼですが、食べる地域は大変限られています。
というのも、うつぼは船にあがったときに、あばれて噛み付くため大変危険。
みな、うつぼ漁をしたがりません。
そして皮は固く、骨も多くて調理が大変なんだそう。
ですが、南紀地域ではそんなやっかいな食材うつぼを、昔から食べてきました。
とくに妊婦さんの貴重な栄養食だったそうです。
そんな、食べれば元気がでてきそうなうつぼ食品が「うつぼ揚煮」。
身を開いて干した後に皮ごと揚げ、甘辛の煮汁で煮たもので、完成までに1週間かかる手間ひまかけてつくる逸品です。
濃いめの味つけが、酒のさかなやお茶漬けに最適。
IMG_9535_convert_20141020144821.jpg


【買った店】
ヒダカヤ 黒田店
〒640-8341 和歌山市黒田127-5
TEL:073-475-2231
営業時間:9:00~21:30
昭和21年創業。和歌山県を中心に関西地方に10店舗展開。
IMG_5469_convert_20141020145001.jpg

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

スーパーマーケット研究家・菅原佳己

Author:スーパーマーケット研究家・菅原佳己
(すがわら よしみ)

'65年東京生まれ、名古屋在住。一女の母。
幼少のころから地元スーパーで買い物し、小5のときにはフケ顔とこなれた買い方で店員から「奥さん」と呼ばれる。学生時代は写真を学び、卒業後は「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」「ねるとん紅鯨団」などの放送作家を経て、結婚。主婦となりサラリーマンの夫の転勤で国内外の転居を繰り返す中、スーパーの研究を始める。途中、女性誌編集部で働きながら出産、子育てに奮闘。2008年に夫の転勤で再び名古屋へ転居し専業主婦に。この時のあり余るエネルギーと時間を秘蔵コレクションであるご当地おかずの整理、執筆にあて、2012年「日本全国ご当地スーパー掘り出しの逸品」(講談社)を出版。以後、ご当地スーパーブームの火付け役として、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞等のメディアへの出演・掲載も多数。2014年7月、続編となる新刊「日本全国ご当地スーパー 隠れた絶品、見〜つけた!」を上梓。






仕事のご依頼は下記メールまでお願いいたします。
japan_4_seasons@yahoo.co.jp



[現在の活動]
朝日新聞「+C」(東海日曜版)にて「発掘 ご当地食」連載中
●雑誌「LDK」(晋遊舎)にて「ご当地スーパー探検隊」連載中
中日新聞プラス「日本全国ご当地スーパー探訪記」連載中
『レタスクラブニュース連載開始

〈テレビ出演・イベント情報〉
10月6日(金):日テレ「スッキリ!!」9時5分~9時30分ごろ。
10月16日(月):メ〜テレのドデスカ朝6時40分ごろから5分間と、7時15分ごろから10分間ぐらい。
10月23日(月):東海テレビ「スイッチ!」放送予定


[主な出演・掲載]
●TBS「マツコの知らない世界」
●テレビ朝日「SmaSTATION!!」
●TBS「あさチャン!」
●中京テレビ「キャッチ!」
●東海テレビ「スイッチ!」
など




著書新刊です



著書です




雑誌「LDK」好評連載中です



私の名前もちょっと登場してます
大竹俊之さん著/「なごやじまん」



雑誌「CHANTO」8月号にて ご当地な時短メニューをご提案



文芸誌『群像』にて「私のベスト3」発表中



特集『自由に生き、楽しく働き。』
「好きが仕事になる人、趣味で終わる人」というテーマで、主婦からスーパーマーケット研究家になった経緯などのインタビュー記事



今号に寄稿してます!



〜夏休みの旅行や出張にも使える!〜
47都道府県よしもと〝住みます芸人〟present
意外と知られていないけど
『絶対に喜ばれる 手みやげ全国47選』



連載あり



全国のご当地スーパー食品掲載多数




ご当地スーパー東海エリアの保存版!








これからの出演、掲載等はこちら!
   ↓
10月6日(金):日テレ「スッキリ!!」9時5分~9時30分ごろ。
10月16日(月):メ〜テレのドデスカ朝6時40分ごろから5分間と、7時15分ごろから10分間ぐらい。
10月23日(月):東海テレビ「スイッチ!」放送予定


〈イベント情報〉

朝日新聞「+C」(東海日曜版)にて「発掘 ご当地食」連載中連載中


●毎月28日発売 雑誌「LDK」(晋遊舎)にて「ご当地スーパー探検隊」を連載中

中日新聞プラス「日本全国ご当地スーパー探訪記」連載開始

『レタスクラブニュース連載開始


最新トラックバック